運転に重大な影響を及ぼす心臓疾患・大血管疾患の早期発見や発症予防を図るために、事業者が知っておくべき内容や取組みの際の手順等を具体的に示した「自動車運送事業者における心臓疾患・大血管疾患対策ガイドライン」(国土交通省自動車局・事業用自動車健康起因事故対策協議会)が策定され、2019年7月5日に公表されました。事業者はこのガイドラインを活用した取組みが求められます。そこで今回は、ガイドラインの概要をご紹介します。(※本ニュースは当ガイドラインの内容を当社にて編集したものです。)

執筆者情報

記事の作成・編集:MS&ADインターリスク総研

こちらの記事もおすすめです