台風や豪雨等の異常気象時において、トラックによる貨物の運送を行う場合に輸送の安全を確保するための措置を講じることにより、異常気象時における輸送の安全を確保するとともに、トラックドライバーの生命や身体を守り、持続的な物流機能維持に寄与するため、国土交通省は、降雨時や暴風時などの異常気象時における輸送の目安を定めた「異常気象時における措置の目安」を設定し、2020年2月28日に施行されました。そこで今回は、その内容をご紹介します。

執筆者情報

記事の作成・編集:MS&ADインターリスク総研

こちらの記事もおすすめです