兵庫地方創生の取組

2023年8月19日(土)神戸市との包括連携協定に基づき、「車いす街歩きイベント 」を開催しました。
参加者はグループに分かれ車いすに乗って街中を巡りながら、車いすで実際に通った道や、飲食店など実際に利用したスポットのバリアフリー情報を「ユーザー投稿型」のバリアフリーマップアプリWheeLog!に投稿し、街のバリアフリーについて考える「体験型」のイベントです。
当日は、県内外の健常者・車いすユーザー50名が参加され、車いす体験を通して街中の課題に気づくきっかけになるイベントとなりました!

県内外50名の方にご参加いただきました

「車いすに乗りながら飲食店で食事をする」・「交差点の段差を体験する」「トイレの設備を確認する」など事前に与えられたミッション
チャレンジ!思っている以上に大変なことが多いことに気づきます。
待ち歩きの後のワークショップでは
各班ごとの気づきを共有しました
街歩きをしながら街中のバリアフリー情報を
WheeLog!アプリに投稿していきます

神戸市様からのコメント

2024年4月に障害者差別解消法の改正、また同5月に神戸市で世界パラ陸上競技選手権大会の開催を控えたこの時期に、広く障害理解の進むこのような意義深いイベント開催をご提案いただき、本市として大変ありがたいことでした
本取り組みを一過性で終わることなく、障がいのある方をはじめ、ご参加いただいた方々や主催者・関係者の方々の思いや気付きを我々も共有し、誰もが暮らしやすいまちを目指して今後の市政運営に取り組んでまいります。

次の記事
上野原市 防災フェスタにて「防災かるた」を実施しました !  〔2023.8.27〕