広島地方創生の取組

2018年1月31日(水)の広島市との包括連携協定に基づき、2022年10月5日に「ユニバーサルマナーセミナー」を開催しました。
広島市との共催は3回目となります
当日は公共施設、介護事業者、一般企業の担当者約30名が参加し、障がい者・高齢者の立場に立った対応方法などを受講いただきました。意思伝達の体験研修などが好評で、有意義だったとの声があがりました。

<参加者アンケートより>

-障がい者、高齢者など多様な方々と接することについて-
相手が何が出来、何を求めているかコミュニケーションを通して理解することの重要さが理解できました。

<あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 広島支店 支店長 毛利より>

『自分と違う誰かの立場にたって考えることが身に付けば、皆が住みやすい共生社会が確立します。
インフラ整備だけでなく、誰かを思いやる気持ち「心のバリアフリー」が広がることを祈念します。